SERVICE

サービス紹介

Ma-Do

第9回窓販マーケティング表彰

2014年度、販売会社から最も支持された運用会社の「プロダクト」「サポート」「ホームページは」?

プロダクト部門(50音順)

優秀賞「トレンド・アロケーション・オープン」
国際投信投資顧問株式会社

【選考のポイント】

この1月に純資産総額300億円を超えた、アロケーション型ファンドの代表格。運用開始以来、34カ月連続で資金流入が続く(2014年12月末)。「コアファンド」として位置付けている販売会社も多く、今後の投信販売のあり方を占ううえでも注目度が高い。

【受賞者の声】

栄誉ある賞を賜りありがとうございます。販売会社の皆様に心より御礼申し上げます。
トレアロは、「中長期保有できる付加価値の高いコア資産」をコンセプトとしています。リスクを抑えた“負けにくい投資”を目指し、実際に2012年3月の設定来、1年目5.2%、2年目6.4%、3年目8.0%と3年連続で安定した運用実績を収めてきました。80にせまる販売会社の皆様からの厚いご支持を賜り、またNISA制度導入によるバランス型ファンドへの注目の高まりという追い風も受け、足元では純資産総額が400億円を超えるまでに成長させることができました。
今後も、迷える投資家への1本であり続けられるよう、そして10年、20年と資産運用のコアとして保有し続けていただけるよう、じっくり大切に育てていきたいと考えています。きめ細かな情報提供にも一層力を入れてまいりますので、何卒変わらぬご愛顧を賜りたくよろしくお願い致します。

代表取締役社長 田中 裕之氏

優秀賞「新光 US-REIT オープン」
新光投信株式会社

【選考のポイント】

国内公募投資信託で最大級の純資産総額を誇るファンドで、昨年度に続き2年連続の受賞となった。投信販売の現場からは、販売の好調さに加え、運用の実績に対する評価の声も大きい。

【受賞者の声】

「新光 US-REIT オープン(愛称:ゼウス)」を高くご評価いただき、誠にありがとうございます。販売会社の皆さまからのお声による栄えある賞を、2年連続で頂戴することとなり、大変光栄に思っています。
「ゼウス」は米国のREIT に投資し、市場平均よりも高い水準の配当収益の確保と長期的な値上がり益の獲得を目指して運用を行うファンドとして、2004年9月に誕生しました。
昨年度は「ゼウス」にとって10周年を迎える節目となる年でしたが、ちょうど同年9月に国内追加型公募株式投信(ETF除く)の純資産総額で第1位を頂くことができました。これはひとえに、販売会社や受益者の皆さまからのご支持によるものと深く感謝しております。
今後とも皆さまのご期待にお応えすべく、運用成果の向上ならびにタイムリーな情報発信等に努めてまいりますので、より一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

取締役会長 福田 良之氏

優秀賞「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」
日興アセットマネジメント株式会社

【選考のポイント】

海外REITへの注目度の高さを背景に、2014年末までの3年間で約4000億円の資金が流入し、純資産総額は約2倍となった。実際に、「販売額増に貢献した」との意見が目立つ。

【受賞者の声】

「ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)」は2004年3月26日に設定され、おかげさまで、11年を超える運用実績となりました。今回、優秀賞を頂戴できましたのも、多くの皆様から長年にわたりご支持をいただいたおかげと感謝しております。このファンドは、65社(※1)に販売をしていただき、純資産総額は1兆3000億円(※2)を超え、グローバルREITに投資するファンドとしては、国内最大のファンドとなりました。
設定に当たり「ラサール社(※3)」をアドバイザーとして選んだことが、長い間にわたって皆さまからのご愛顧に繋がりました。同社は不動産サービスと不動産投資マネジメントに特化しており、そこに専門性があるからです。弊社は、ラサール社の運用部門と密に連携を取り、高い運用品質を維持することに力を入れております。また今後もレポートの作成はもとより、サポート体制をより強化して参ります。さらにお客様に選ばれ続けるファンドに育てていきたい、それが弊社の願いです。

※1※2. 2015年4月24日時点  ※3. 総合不動産サービス会社「ジョーンズ ラング ラサール グループ」の上場不動産証券投資部門、「ラサール インベストメント マネージメントセキュリティーズ エルエルシー」のことです。

代表取締役社長兼CEO 柴田 拓美氏

サポート部門(50音順)

優秀賞 国際投信投資顧問株式会社

【選考のポイント】

商品の人気、好調さと相まって、人気漫画とコラボレーションした「トレンド・アロケーション・オープン」の研修用資料「トレアロによろしく」を支持する票が集まった。また年4回のレポート資料「グローバル時代の投資戦略」に対する評価も非常に高い。

【受賞者の声】

昨年に引き続き、弊社のサポートをご評価いただきましたこと、心より御礼申し上げます。大変な名誉を賜り、身の引き締まる思いです。
今回は、従来より力を入れている「グローバル時代の投資戦略」や研修・セミナー等だけでなく、漫画「トレアロによろしく」へ高いご支持をいただいたと聞きました。これは昨年新たな試みとして始めたもので、当初は受け入れていただけるか手探り状態でしたが、投信ビジネスの面白さを皆様と共有したいという想いを込め、日々模索して参りました。現在では、早く続きが読みたいというお声もいただくまでとなり、予想以上の反響を大変嬉しく思います。
研修・セミナー、資料等全ての場面で「いつも、ひと味違うね」という言葉を頂戴できるよう、そして、投信ビジネス推進におけるパートナーとして選ばれ続けるよう努めて参ります。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

プロダクト・マーケティング部長 吉田 研一氏

優秀賞 DIAMアセットマネジメント株式会社

【選考のポイント】

総じて研修に対する評価が高く、研修担当者の質の高さを推す声も。一方でサポート資料については、数ある商品販売用資料の中で、「投資のソムリエ」「クルーズコントロール」などアロケーション型ファンドの販売用資料やアフターフォロー資料を支持する票が目立つ。

【受賞者の声】

弊社は「FOR THE CUSTOMER」を経営理念に掲げており、お客さまと社会に貢献する資産運用会社でありたいと考えております。こうしたことから販売会社様に私どものサポートが評価されたということは、至上の喜びであります。販売会社の皆様に厚く御礼申し上げます。
弊社は投信会社の中でもいち早く研修講師の専門部隊を組織し、ノウハウを蓄積して参りました。「何」を「どう」伝えればよいのか、弊社オリジナルのトークパターンを使って実践的に学ぶ研修プログラムでご好評いただいております。また、情報発信力を強化するために組織改編を行って、販売用資料をはじめとしたセールスツールの改善を進めました。特に昨年度はアフターフォロー情報や商品説明アニメ動画のご提供などをはじめ、ご評価頂いた「投資のソムリエ」や「クルーズコントロール」については様々なサポートツールをご用意させていただいております。
これからも、分かりやすくタイムリーな情報を発信するとともに、販売員の皆様の悩みに寄り添った研修を行って参りたいと考えておりますので、ご支援のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます。

投信部門長 常務取締役 古宮 博幸氏

優秀賞 日興アセットマネジメント株式会社

【選考のポイント】

全国の販売会社の営業担当者を集めて、セミナー施設・ファンドアカデミーで行う研修「インスピレーションアカデミー」が人気。あわせて研修資料を評価する意見も目立つ。また、手軽に読めるニュース解説資料「楽読(ラクヨミ)」も好評だった。

【受賞者の声】

7年連続で栄えある賞をいただき、大変光栄に思っております。これもひとえに皆様のおかげと、心より感謝しております。
ご評価いただいた「インスピレーションアカデミー」は、全国の銀行の優績販売員の方にご参加いただく研修です。当研修ならではの講義に加え、普段コミュニケーションが取れない参加者同士の交流もご好評いただいております。また、「楽読(ラクヨミ)」は、投資家および販売会社の方々へ、市況環境などを分かりやすくお伝えすることを目指してスタートし、現在では950号を超えました(※)。新たに2015年からは、私、神山の「KAMIYAMA Reports」も始まりました。ここでは、投資戦略やファイナンス理論にかかわってきた私自身の経験を活用し、投資の参考となるテーマについて、一歩踏み込んでコメントして参ります。
私たちは今後も販売会社の皆さまのお役に立てるような、さらなるサポート体制の強化を図って参ります。
引き続き、よろしくお願いいたします。

※2015年4月24日現在

チーフ・ストラテジスト 神山 直樹氏

優秀賞 ピクテ投信投資顧問株式会社

【選考のポイント】

世界の投資環境やマーケットに関する研修に対して、「販売員のスキルアップに役立った」「充実している」等、評価する声が多かった。また資料については、「Focus」「今日のヘッドライン」「ボンジュール」等、各種レポートも多くの支持を集めた。

【受賞者の声】

ピクテの研修や資料が評価されたことを大変嬉しく思います。
投資環境を俯瞰的に見るお手伝いをさせていただくことに加え、是非ピクテの哲学にも触れていただきたいと思っています。
ピクテには210年の歴史があり、長い歴史が教えてくれた考え方があります。例えば、歴史を振り返るとインフレの時代には債券だけの投資では実質的なリターンを得られなかったことやなぜ資産を運用する必要があるのか? などです。それが今ご提案している「欲張らない投資」という考え方でもあります。
また、ピクテはレポートにも力を入れており、様々な読者層をターゲットにしています。
最近では、機関投資家のお客さまにも「帰りの電車で『今日のヘッドライン』を読むのが日課」という嬉しいお声も頂戴しています。そんな声がより多く聞かれるよう、これからも尽力して参ります。

代表取締役社長 萩野 琢英氏

ホームページ部門

優秀賞 日興アセットマネジメント

【選考のポイント】

読者投票では2位の倍以上の支持を集め、例年通りの圧倒的な強さを見せた。特にその豊富なコンテンツに対する評価は引き続き高い。今回からはこの読者投票の結果とユーザー目線で実際に各社のホームページを調査した結果との総合評価で優秀賞を決める形に変更したが、調査でも9位と好位置につけたため、総合評価で1位となった。これで同社はホームページ部門で7年連続の受賞となる。

【受賞者の声】

7年連続で栄えある賞をいただき、誠にありがとうございます。これもひとえに私どもをご評価していただいた販売会社の皆様のおかげだと考えております。この場をお借りいたしまして、厚く御礼申し上げます。連続受賞という栄誉を維持すべく、旬な情報をタイムリーに発信しつつ、過去の振り返りたいコンテンツにも容易にアクセスできるよう、アーカイブとしてのホームページの役割も意識して参りました。これからも多くの情報をご提供していくとともに、販売員様や投資家の皆様により便利にご活用頂けるよう、さらなる利便性の向上も図って参ります。皆様の一層のお役に立てるホームページとして、進化し続けて参りますので、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

マーケティング・プロダクトマネジメント・商品開発本部 グローバルヘッド ステファニー・ドゥルーズ氏